広島ホームテレビ

広島
北部
26℃/5℃
10%
南部
27℃/12℃
10%
ニュース・報道

落書きされた平和大橋の修復作業

広島

今月4日、元安川の平和大橋の欄干に落書きされているのが見つかった事件で、落書きを消す作業が行われました。

平和大橋で見つかった落書きは、縦およそ50センチ、横80センチ。橋の欄干には、黒いスプレーのようなものでアルファベットが書かれていました。午前9時すぎ、広島市の職員が立ち会いのもと修復作業が行われました。
【広島市維持管理課 速水正司課長】「市民から愛されているものですので、今後このようなことがないようお願いしたいと思います」。
平和大橋は彫刻家のイサム・ノグチが設計し1952年に完成しました。落書きされた欄干は3月に新設された歩道橋の工事にあわせて完成当時の色合いに塗りなおしたばかりでした。周辺では同じような落書きが20件以上見つかっていて、警察が器物損壊の疑いで調べています。