広島ホームテレビ

広島
北部
20℃/14℃
80%
南部
21℃/16℃
80%
ニュース・報道

原爆ドームの絵を3000枚以上 画家 原 広司さん(87)死去

広島

長年にわたって原爆ドームの絵を描き続けた画家の原広司さんが14日、悪性中皮腫で亡くなりました。87歳でした。

13歳で被爆した原さんは絵を通して原爆の悲惨さと世界平和を訴えようと、被爆の象徴の原爆ドームの姿を描き続けてきました。35年間、一枚一枚テーマを変え、描いた原爆ドームの絵は3千枚以上。「初夏の原爆ドーム」をテーマに原さんが描き上げた絵はおととし本川小学校に寄贈され今もなお平和への願いを伝えています。親族によりますと今年に入って肺炎を患い、入退院を繰り返していたという原さん。87年の生涯を終えました。