Close
北部
5℃/-2℃
30%
南部
11℃/1℃
20%
ニュース

歩行者と車の事故相次ぎ1人死亡1人重体

広島

12日、広島市と府中市で歩行者と車の事故が相次ぎ、1人が死亡1人が意識不明の重体になっています。

午前6時45分ごろ東区矢賀新町のあけぼの通りで、歩いていた男性と軽自動車が衝突しました。この事故で道路を歩いていた
男性(78)が頭などを強く打ち亡くなりました。現場は片側2車線の見通しの良い道路で横断歩道はなく、警察で事故の原因を調べています。一方、府中市目崎町の国道486号でも午前7時10分ごろ、歩いていた78歳の女性が走ってきた車にはねられました。女性は意識不明の重体で、車はそのまま逃走しています。警察はひき逃げ事件として、逃げた車の行方を追っています。