ニュース・報道

北京-上海-広東省 中国でリニア路線の計画発表

国際

 中国で北京と上海、南部の広東省を結ぶ「リニアモーターカー」の計画が明らかになりました。

 中国の広東省は9日、2035年までの土地利用計画を発表しました。

 このなかで北京、上海と広東省を結ぶリニア路線の建設計画が示されました。

 具体的な完成時期や路線の全体像は明らかになっていません。

 中国メディアは時速600キロで計算した場合、広東省の広州から約2000キロ離れた北京までの所要時間は3時間半になると報じています。

 「鉄道強国」を目指す中国は2007年に営業を始めた高速鉄道の総延長が日本の新幹線の10倍を超す3万6000キロに達するなど、鉄道網の近代化を進めています。