ニュース・報道

橋の補強工事現場で土砂崩落 作業員2人生き埋め

社会

 東北道に架かる橋の工事現場で土砂が崩れ、男性作業員2人が生き埋めになり救助されましたが、いずれも意識不明の重体です。

 14日午後3時すぎ、栃木県那須塩原市の東北道に架かる橋の耐震補強工事現場で20歳と25歳の男性作業員2人が生き埋めになり、消防などが救助作業にあたりました。

 警察によりますと、作業員2人はすでに救出され、午後5時ごろ、市内の病院に運ばれましたが、いずれも意識不明の重体です。

 事故現場は黒磯板室インターチェンジの近くで、当時、橋脚の土台を補強する作業が行われていました。