ニュース・報道

「熱中症警戒アラート」始まる 関東甲信の1都8県で

社会

 熱中症の危険が高まった時に注意を呼び掛ける「熱中症警戒アラート」の運用が、1日に関東甲信の1都8県で始まりました。

 発表の基準となるのは、気温に加えて湿度が大きく反映される「暑さ指数」です。この数値が33を超えると予想される場合に「熱中症警戒アラート」が発表されます。1日の東京は予想最高値が24程度で、開始初日の発表はありませんでした。暑さ指数は環境省のホームページなどで確認でき、アラートが発表されると自治体や報道機関を通じて警戒が呼び掛けられます。