広島ニュース・報道

温暖化対策ルール作り大詰めに COP25開幕

国際

 気候変動に関する国連の会議「COP25」がスペインで始まりました。温室効果ガス排出に関する詳細なルール作りで各国が合意できるかが焦点です。

 国連・グテーレス事務総長:「惑星が燃えているなかで現実から目を背け、時間を無駄にした世代として本当に記憶されたいですか?」
 COP25では、温室効果ガス排出に関する国際的な枠組み「パリ協定」が来年から実施されるのを前に、実施ルールについて最終的な詰めの協議が行われます。国連の報告書は、各国が今の温室効果ガスの削減目標を達成したとしても平均気温は3度以上、上昇すると指摘していて、削減目標の引き上げに各国が協調できるかも注目されます。会議は13日まで続きます。