ニュース・報道

ベルリンの壁崩壊から30年 式典開かれる

国際

 ベルリンの壁崩壊から9日で30年を迎えました。メルケル首相は演説で民主主義の重要性を改めて強調しました。

 記念式典にはドイツのメルケル首相やシュタインマイヤー大統領に加え、東ヨーロッパの首脳らが参加しました。メルケル首相は演説で「民主主義や自由のために我々は常に立ち上がり、守っていかなければならない」と訴えました。東西冷戦の象徴といわれるベルリンの壁は1989年に東ドイツで民主化運動が高まるなか市民らによって崩され、第2次世界大戦後に続いた東西冷戦の終結につながりました。この日は市内各地で多くのイベントが行われて祝賀ムードであふれましたが、壁崩壊から30年が経過した今もドイツでは東西での経済格差に苦しんでいて、課題も残ったままです。