ニュース・報道

BPOが審議入り テレ朝に不適切な演出

社会

 テレビ朝日の夕方のニュース番組『スーパーJチャンネル』で今年3月に放送した企画に不適切な演出があったことについて、BPO=放送倫理・番組向上機構が審議入りを決めた。この企画は、東京都内のスーパーマーケットの買い物客を密着取材したもので、VTRの主要な部分を構成する買い物客らが、企画を担当した契約ディレクターの知人だった。BPOの放送倫理検証委員会は「取材対象者がディレクターの知人であることが放送倫理に違反している疑いがある」として審議入りを決めた。テレビ朝日は「BPOの判断を重く受け止め、真摯に対応してまいります。視聴者、関係者の皆様に改めてお詫びを申し上げます。今後、このようなことを決して起こさないよう再発防止策を徹底してまいります」とコメントしている。