広島ホームテレビ

広島
北部
26℃/5℃
10%
南部
27℃/12℃
10%
ニュース・報道

サンマの旬が夏に!? 中国と争奪で早めの出漁

社会

 魚の「サンマ」といえば漢字で書くと「秋と刀と魚」だ。ところが、今年から、ある事情で秋ではなくて夏の味覚になりそうだ。

 16日朝、北海道根室市から次々と出発したサンマ漁船。実は、今年は例年より3カ月ほど早めの出港だ。近年、深刻な不漁となっているサンマ。原因は温暖化と海外の漁船だ。
 秋に日本近海で旬を迎えるサンマ。日本では制限を設けて8月から12月の間に取っていたのだが、近年は沖合で6月から7月に中国や台湾の漁船が取ってしまうのだ。そこで海外の漁船と同じ時期に遠洋でのサンマ漁を行えるよう水産庁は期間の制限を撤廃。3カ月早いサンマ漁スタートとなった。
 気になるのは、早めに取った初夏のサンマと秋のサンマの違い。サンマ専門店も…。
 駒八目黒さんまセンター・小野澤雅丈調理長:「見てみないと分からないしね。脂の乗りとかそういうのもあるし、そこが一番心配です」
 この点について、漁業関係者は…。
 丸中水産・松野均さん:「(去年の調査で)6月後半くらいから良いサンマが取れていましたので、食べても脂があっておいしかった。この時期も新鮮なサンマを食べられるということになるんじゃないか」
 サンマ好きたちも期待を寄せる。サンマ専門店では初夏のサンマを刺し身やすしで使う可能性があるという。