広島ホームテレビ

広島
北部
26℃/5℃
10%
南部
27℃/12℃
10%
ニュース・報道

緊張高まるイラン 外相来日し「日本の協力に期待」

政治

 安倍総理大臣はイランのザリフ外相と会談し、アメリカとイランの軍事的緊張が高まっている状況に懸念を示しました。

 安倍総理大臣:「現在、中東情勢を巡る状況が大変、緊迫化していることを懸念しております」
 イラン情勢を巡っては、2015年に主要6カ国と結んだ「核合意」から去年、アメリカが離脱しました。そして、今年に入ってアメリカが制裁を強化したため、イランも核合意の履行の一部停止を表明しています。16日朝に行われた日本とイランの外相会談で、河野外務大臣は「核合意の維持が中東の平和と安定にとって不可欠だ」と述べました。これに対し、ザリフ外相は「核合意から離脱するつもりはない」と応じたうえで、日本の協力に期待を示しました。また、原油の輸送ルートであるホルムズ海峡でアメリカとイランの軍事的緊張が高まっていることについて、河野大臣は「緊張緩和に向けて努力していく」と述べ、双方に自制を求めていく考えを強調しました。