Close
北部
21℃/11℃
30%
南部
24℃/14℃
10%
広島カープ
10月17日 18:00 試合開始
広島 - 巨人
サンフレッチェ広島
10月6日 14:00 試合開始
広島0 - 3
試合終了
(10月17日現在)
【台風・豪雨災害】生活支援・ライフライン情報
ニュース

築地から豊洲へ“引っ越し” 仲卸業者に半年間密着

社会

 初日から様々な混乱があったが、私たちは築地から豊洲へと引っ越した、ある仲卸業者に半年前から密着し、期待と不安に揺れたその思いを取材した。

 日の出はるか前の道を魚河岸へと走る。ここ20年以上、変わらぬ日課だが、車を向ける先だけがこれまでとは違った。いつもと違う場所でいつもと同じ売り買いが始まる。私たちが取材を始めた半年ほど前。仲卸「吉善」の3代目・吉橋善伸さんは豊洲移転後の店舗のレイアウトなどについて従業員や東京都との話し合いを毎日のように行っていた。
 仲卸「吉善」・吉橋善伸社長:「やっぱり(豊洲移転後も)お客さんが来てくれるのかが一番不安ですよね。銀座のお客さんとか自転車で買いに来ている。そういう方たちは『橋1本越えるのも大変だ』って言っているので…」
 豊洲市場内の新しい店の場所を下見に来れば…。
 従業員:「これも凹凸で水がたまっちゃう」「水はけ悪そうですもんね」「絶対、水はけ悪いよ」「重さに耐えきれない」「東京都にこれ言ったほうがいいですよね」
 そんな心配をよそに豊洲へ移る日は刻々と迫る。7日から本格的に始まった世紀の大引っ越し。魚市場名物のターレも豊洲へ向かった。すっかり人影が少なくなった築地市場を歩く吉橋さん。店に置かれた黒電話や角の欠けた机が歴史を物語る。そして、迎えた11日。豊洲市場で初めて行う作業。心配されていた水はけの悪さについて従業員は…。
 従業員:「今のところ、そこまで濡れている感じはない」
 午前5時すぎ、吉善は豊洲市場で初めての店を開けた。「慣れない点も多いし、課題も多い」と感想を漏らした吉橋さん。一番不安に感じていた客足はどうだったのだろうか。
 仲卸「吉善」・吉橋善伸社長: 「うれしいですよね、豊洲まで来てくれるのが。新規のお客様もちらほら来てくれました。豊洲ブランドを自分たちの世代がつくっていかないといけないので、それに向けて次の世代につなげるように明るい未来にしていきたいですよね」