ヨメヒメジなどのヒメジ科の魚には口の下に2本のヒゲがあります。普段泳いでいるときは使用しませんが、エサを探すときに活躍します。このヒゲには味を感じる細胞があり、味覚で砂の中に隠れているエビなどの甲殻類を探し、食べます。 一方、ゴマモンガラも同じ砂の中に隠れている甲殻類を食べますが、こちらにはヒゲがないため砂を吹いてエサを探しています。 エサはそう簡単には手に入らないようですが、ヒゲは本当に役に立っているのでしょうか?

オオスジヒメジ ヒゲの味覚でエサ探し ゴマモンガラは砂を吹いて探す
閉じる