砂漠地帯には年間250mm以下の雨しか降りません。ただ、ここにも多くの生き物が生息しています。
撮影した、ナミビア・エトシャ国立公園には広く大きな園内にいくつかの水のみ場があり、動物の憩いの場になっています。夕方になるとサイ・ゾウにキリン・・・大型動物が水を飲んだり、水浴びして過ごす光景を目にすることができます。
ナミビア
砂漠地帯には年間250mm以下の雨しか降らない 水のみ場は多くの生き物の憩いの場 クロサイやアフリカゾウ、キリンも水を飲んだり水浴びをする
閉じる