今回の主人公はスプリングボック。
撮影したナミビア・エトシャ国立公園で1番多く見られる動物でオス、メスともに角があります。
草や葉っぱを食べ、水なしで長期間生活できます。身に危険が迫ると飛び上がる動作(プロンキング)をします。4メートルも飛び跳ねることがあるそうです。この動作からスプリングボックと名付けられました。
ナミビア
草や葉っぱを食べ、水なしで長期間生活できる 名前の由来、危険が迫ると飛び跳ねる 子どものスプリングボック
閉じる