世界中を取材した自然を紹介し、環境に関心を。

ミヤマカタバミ(庄原市)

良く増えて駆除しにくい雑草の一つがカタバミ、そのカタバミの一種で山地の日陰で見られる白い花が日本原産のミヤマカタバミです。
大万木山(おおよろぎさん)は、島根県飯石郡飯南町と広島県庄原市との境にある標高1,218mの山。滝壷の木陰にひっそりと咲くミヤマカタバミを見つけました。葉は地面から伸び、柄の長い3つのハート型の小葉をもっています。葉は直射日光が当たると下向きに閉じ、反対に花は直射日光が当たると開花する。

アオサギ(高松市栗林公園)

栗林公園の松から大きな鳥が池の鯉を見ています。アオサギです。アオサギはサギに中で一番大きなサギです。アオサギはコイを狙い飛び込みましたが、失敗です。今度は池に入って魚を探します。するとハヤの仲間オイカワを捕獲しました。この公園は国の特別名勝に指定された回遊式大名庭園です。池が多く、野鳥が生息していますが、一番目立つのはこのアオサギです。

アオハダトンボ(長野県安曇野市)

安曇野の清流蓼川(たでがわ)は、北アルプスの山々から湧き出た清流です。蓼川に回る三連の水車は、黒沢明監督の映画 ”夢”で作られたものです。この川には清流の天使と呼ばれる綺麗な小川にしか生息しないアオハダトンボが生息しています。羽がきれいな濃い青色をしており、体は全体的に金属的な光沢を持った青緑色です。川には長いナガエミクリや短いミズハコベなどの水草が生えています。

曾木の滝(鹿児島県)

鹿児島県伊佐市南部の川内川上流にある滝。
高さ12m、幅210mの壮大なスケールを誇り、別名「東洋のナイアガラ」とも称される曽木の滝。その壮観な水しぶきが見事です。水中にはハヤの仲間がいました。

ホッキョクジリス(アラスカ)

ホッキョクジリスは北極圏からアラスカ、シベリアにかけて 乾燥したツンドラや開けた草地に生息しています。体重はおよそ750g。昼行性で、一匹の雄が支配する群れで生活している。ホッキョクギツネ、クズリ、オオヤマネコ、ハイイログマ、鷲などに狙われる為に警戒心が強い。
秋には、冬眠に備えて体脂肪を増やすため、ツンドラの植物、種子、実を探し回わっている。

ハキリアリ(コスタリカ)

「ハキリアリ」は背中のトゲと長い脚が特長の中南米の温かい場所にいる体長1.5センチのアリです。高い木の上に登り、葉を探し缶切りのような使い方で顎を動かし切り取ります。体の2倍にもなる切った葉を運搬。その列は100メートルにもなります。ハキリアリの行進では、前に通った仲間がフェロモンを出すため、迷うことはありません。そして巣に運搬、木の葉はキノコを作るための肥料として使います。

ジンベイザメ(インドネシア)

子分のコバンザメを従えて悠々と泳ぐジンベエザメは、サメの仲間で世界中の温帯から熱帯の沿岸や外洋で生息しています。体の背面は灰色で白色の斑点があり、その模様が陣兵衛羽織(じんべえばおり)に似ていることから、この名前がつきました。大きさは魚の中で世界最大で成長すると最大で10~12m、稀にさらに大きく成長すると考えられています。
しかし性格はおとなしい魚で、主に小型の甲殻類などのプランクトンを食べ、人を襲うことはありません。また歯は退化していて、とても小さな歯が口の上下あわせて約8,000本並んでいます。

セツブンソウ(三次市)

セツブンソウは一面に白い花を咲かせる早春の野草です。落葉広葉樹林帯の林床や林縁に生える多年草。純白の和紙のようにも見える清楚な花弁は、実は花弁ではなくガクです。
花弁は、先端が黄色い部分です。中央に青紫色の雄しべがたくさん並んでいます。近年は開発や盗掘のために激減し、各地で保護が始まっています。

ゲンジホタル(東広島市)

東広島市志和堀でホタルを見つけました。ホタルは、古くから初夏の風物詩として親しまれていますが、なかでもゲンジボタルが一番大きく光も明るい。この光はメスとめぐり合うための合図で、お互いに相手をまちがえないように、種によって光の色がちがっているだけでなく、光が点滅するパターンもちがっています。

アフリカゾウ(ケニア)

ケニアは乾燥した草原が多いのですが、ナイロビから北へ150kmのアバーディア国立公園はケニアでは珍しく森林がたくさんある国立公園です。森には多くの滝があり、緑が多く様々な動物が生息しています。特にアフリカゾウは一日に200-300キロの草,木の枝と根を食べます。

チョウハン(小笠原諸島)

小笠原諸島は東京湾の南約1,000km、 亜熱帯気候に属する島です。海中も熱帯系の魚が多く生息しています。チョウハンは、黄色の体色に、顔の黒い縁取りがパンダ顔のようなチョウチョウウオです。尾柄部には、大きな目にも見える、黒色の大きな斑紋があります。チョウチョウウオの中では大型で、25㎝くらいになります。